アンチエイジングのピンポイントは嗜好品・おやつとか食事のジャンル

健康ブームという風潮を感じながら生活習慣の改善は食事と嗜好品、季節の気温ですごしながら冬には温かい料理、春から夏の季節はフレッシュな献立など。

気温が夏らしい温度の時期はお風呂タイムの後にビールもよいですが、時間的に忙しいというのもあり最近は飲まないという習慣です。大人の嗜好品という夏のビール、飲んでみればさわやかな風味で一日の気分と身体が回復、好みだけれど飲まないスタイルのこのごろです。

年齢要素ではお肉の量が少量でもよいという感覚、お肉は動物性食品なので夕食でも100g以内とか標準量を考慮、体液の流れがスムーズという点から動物性脂肪は少量、お肌のアンチエイジング効果もあります。

おやつなどで糖分が多いのも老化という面で肌にデメリット、油分ならば植物性で料理、お肉とか油分は考慮しますが野菜とかフルーツは豊富に食べています。

アンチエイジングにはこういったジャンルの抗酸化がピンポイント、よい成分という食品でもベストは適度な量、食べたり飲んだりの生活は考慮しながら春の季節をすごします。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ