意外な方法でポッコリお腹解消

「はいいろ」様(28歳、女性)からの体験談です。

長年、内臓下垂によるポッコリお腹に悩まされていました。
筋肉が少ないと垂れると聞き、腹筋などを鍛えていたのですがやはり食事の後などはポッコリと飛び出るお腹。
体重も標準内ではあったのですが、とても気になっていました。

そんな中、結婚をし、妊娠、出産。年子で二子を授かったのですが、産後体重も体型も戻らない…!
内臓もますます下がったのか、下腹が不自然に出るようになってしまいました。

筋トレもあまり効かず、食事制限をしてもサプリを飲んでも体重は平行線。
ポッコリお腹もそのままでした。
しかし、ある日友人に言われたのは「内臓が下がっている人は、逆立ちをするといい」というセリフでした。

その日から、寝る前などに逆立ちをすることにしました。
始めはとても体制を保てず、ほんの数秒ポーズが取れればいい方。
それでもめげずに、なんとか毎晩逆立ちを行うようにしました。

何とか、逆立ちのままの姿勢を保てるようになってきたのは一週間も過ぎたあたりでした。
それでも、頭に血が上るので1分も保てれば長い方で、何とかそれを5~10セットほど無理にはならないように続けてみました。
初めに気付いたのは、ウエストと足が細くなった感覚でした。
足を上げる効果か、しらずしらずにむくみが取れていたのです。

バランスを取るために様々な筋肉を使っていたらしく、腹筋や拝金も以前よりも回数をこなせるように。
何より、バランス感覚が鋭くなったような気がします。
体重を腕で支えていたおかげか、二の腕のたるみも気にならなくなってきました。

そして、肝心の下腹ですが、まだ完全とは言えないもののへこんで来ました。
食事をしても飛び出すこともなく、胃の位置が上がってきたように思います。
産後、何をしても落ちなかった体重もするすると落ち、今では第一子を妊娠する前まで戻りました。

まだ落ちているので、独身時代の一番痩せていたころのスタイルを目指して頑張っています。
内臓下垂を治すために始めた逆立ちでしたが、思いがけずダイエットもできたのでこれからも続けようと思っています。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ