自分との戦い

「林檎」様(42歳、女性)からの体験談です。

巷にあふれるダイエット情報、男女問わずダイエットに興味ある人はやはりとても多いんですね。
もちろん私も今までいろいろなダイエットに挑戦してきたひとりです。

長年ダイエットに向き合っているというのに、今だ挑戦し続けているということは…
なかなか続かないことや一時的に痩せてもすぐにリバウンドしてしまうこと、また途中で投げ出してしまったり、原因も分かっているのにその失敗を生かすことができない、それがダイエットの難しいところですよね。

だからできるだけ無理なく継続的にできること、と考えて「できるときだけ」「できる範囲で」続けているのが、一日の食事を2食にすることです。

先日ニュースでもありましたがアメリカでの研究結果として一日3食の人より2食の人の方が痩せるという報告です。
それもなるべく夕食を食べないことが減量に大きく影響するとか。

今までよく聞いていたダイエット効果のある食事のとり方としては1回の量を少なくして数回に分けて食べた方がよいということでしたが、今回のはそれとは全く違うもの。
食欲旺盛で我慢していても食べ始めるとついたくさん食べてしまう私は、どちらかというと食べないでいる方が続きやすいかも?と思ったので、出来るときだけですが夕食を抜く食事法を実践しています。

そのかわり朝かお昼のどちらかに好きなもの、食べたいものをなるべくバランスを考えて食べ、夕食は食べずに早めに歯を磨いてしまいます。
不思議なもので歯を磨くともう食べたいという気持ちにならないので、これもダイエットとしてはいいかもしれません。

家族や仕事の都合でどうしても夕食をとらなくてはならない場合は、お昼や朝の食事はごく簡単な軽いもので済ませ、夕食の分のカロリーを残すようにしています。
気休めかもしれませんが…

まだはじめて一ヶ月くらいですが、夕食を抜くと体が軽くなるんですよー!
翌朝とても調子がいいんです。
ダイエットの効果としては1kgくらい減ったと思うと、前日の夕食に気を抜いて食べ過ぎると戻っていたりしますが、続けることで少しは落ちてゆくと信じています。

だって1ヶ月トータルで考えると確実に摂取カロリーは少なくなっている訳ですから。
そう信じて、出来る範囲で続けて気づいたら「あれ?痩せたー?」と言われるようになれたらいいな♪

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ